http://rinkoxdiva.exblog.jp


by rinko_fascinate_u
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:修行( 7 )

代々木ナル


今年夏のこと、職場の上司(サックス吹き)に
ライブのできるジャズバーの情報が載ってる雑誌を貸していただいた。

その中に代々木の「ナル」というお店が掲載されており、
第二土曜日にボーカルセッション(※)をやっているとのこと!

※楽譜だけ持って行けば、生演奏で歌えるんです。ハラショー♪

行きたいとは思いつつも、なかなか重い腰があがらず
その雑誌を見開きのままデスクの書類に挟んでいたのだが
(そういや返してないけどいいのかな?)

ついおとといの金曜になって「行ってみよう!」と思い立ったのでした。

奇しくも次の日が第二土曜日。

新宿でボイトレもあるので、ちょうどいいじゃーんと
これまでの腰の重さが嘘のように準備を進めてみる。

何しろ、場所も初めて、演奏陣も初めての初めてづくしだから
慣れた歌でないと。

ということで、ライブで毎回歌ってる歌をセレクトして
いつもどおりばたばたと出かけたのでした。


ボイトレはいつも5時前に終了なので、ナルの開店まで
化粧と復習に当てようと思っていたのに

ついつい切れてたシャンプー買いに
In the Roomに入ったのが運の尽き。。。
新宿南口方面は、煩悩まくりの私にはトラップだらけです。

これはあの人のプレゼントにいいわ〜
などと、ショッピングに熱が入ってしまう始末><


そうこう言いつつも、6時前には代々木に着いて
「ナル」の場所も確認し、最寄りのドトールでいろいろ準備。

いよいよ潜入です(笑)

地下のお店に下っていくと、ドラマーのウォーミングアップの音。
おおおお〜、グランドピアノとドラムの周りはテーブルが間近に密集!
ライブのお店という感じです。

もちろん私は楽器が全部見渡せるかぶり付きへ。
まだ客はお一人しか来ておらず、私は名簿2番目に記名。
「ミサコスリング」という、ママの名前が冠されたカクテルを飲みつつ
ときどきせり上がってくる心臓をなだめながら待ちです。

だんだんとお客も増えてきたところで、ミサコママ登場!
優しそうなお人柄はHPのいろいろな方のコメントで予想していたのですが
すっごいエレガントなやわらかい方で、正直一目惚れしました。

さ、この続きはまた後ほど。。。
これからは武者修行です^^;
[PR]
by rinko_fascinate_u | 2008-11-09 17:48 | 修行

リズムがすべて


昨日は月に2回のボイトレ・レッスン。

いつも先生に、「何か質問ありますか?」といわれて始まるんだけど
最近あまり質問らしいことができずにいるところだった。

練習がたりないせいかも・・・。

でもここ最近、iPodで聴いている歌で

「すごい!」って思うのと、

「すごくない、あまり聴きたくない」と思うのが

すごく顕著に分かれてきて、これって耳が育ったのかしら?と
思ってたとこだったので、早速それを先生に訊いてみた。

すると、だんだんそうなってくるとのことで、
先生はそのたびにかなりCDを処分してきたという。

おおお〜!順調に進歩中??



と喜んだのもつかの間、

数回前から始まったリズムレッスンになると、ダメダメ加減が一気に露呈。。。

すぐあせってつっこんでしまうのです・・・。

かのベートーベンも、音程よりリズムが大事!といったほど、

音楽のキモはリズムなのですから

そこは大きな課題なのですねー。


メトロノーム持ち歩こうかな〜(笑)
[PR]
by rinko_fascinate_u | 2007-11-25 16:49 | 修行

そうか・・・

ライブでは、もちろんジャズだから英語の歌を歌うんだけれど、

インプロもなんだか気恥ずかしいし、

英語の歌詞は歌詞で何か上滑りしているような感が否めない。

つまり、自分のものになってないのだな、と今頃気がついた。


いや、自分のものになってるなんて思ったことはないけど

そもそも母国語じゃないんだから、

言語自体がなじんでないんだ、わたしに。


なぜそう思ったかと言えば・・・。

今、バンコクに住んでて日本のテレビはNHKしか見られない状況だけど

レンタルDVD屋さんで「人志松本のすべらない話」を借りて(ははは)

ちょっと年末気分に浸ってみたときのこと。


これはとてもすごいことなんだけど、オーストラリア人の方が

吉本に入って修行して、芸人としてデビューし、そしてすべらない話をしてた。

私がニューヨークのアポロシアターで歌うようなもんだ。


でも、不要なことだとわかっているけど、すごく割り引いて見ちゃう。

ネイティブじゃない言葉で、それもお笑いをやるなんて、

もうそれだけでお母さん涙出ちゃうみたいな

そんな感じかなー。


で、きづいた。

つーか、それ私だよ。

日本語の歌はやけに歌いやすいと思っていたが

あたりまえだー。

だって、生まれたときからなじんでる言葉だし、何もかもをやってのけてる言葉だもん。

英語で感情表現できなくて、英語の歌うたえるわけないじゃーん♪


明るく言ってますが、気づいてしまったって感じです。

と、とりあえずTOEIC? ・・・違う?
[PR]
by rinko_fascinate_u | 2007-01-09 02:13 | 修行
毎日ボイトレしていても、日によって調子は違う。

でも、下がるのは避けたい・・・。そこではたと思いついた。

ただボイトレするんじゃだめだよねー。水泳だっていきなり水には入らない。準備運動するのがあたりまえ。

ボイトレだって、そう!!

という大変あたりまえのことにやっと思いいたり、カラダをほぐすためにバランスボールで弾んで、軽くウォーミングアップしてから、ボイトレを始めることに。

が、バランスボールもいきなり激しく動くとこれがまた、関節とか痛めそうなので

その前にも準備運動として、屈伸などをしております。準備運動の準備運動(笑)

いやーでも、やっぱり違いますよ〜。カラダがすぐ反応する感じ、どこが間違ってるかな?とか、ここがいいなとか、感覚も鋭敏になりますし。

ずっと集中して歌い続けるのは気力も体力も必要だなあと、これまた今更ながらに思ってたわけですが、その一歩としてもなかなかよい手だてかと。はい。
[PR]
by rinko_fascinate_u | 2006-12-04 02:30 | 修行
1人でいるときは、クリーニング物を届けてくれるマンションの人(詳細はタイ紀行をごらんくださいませ)をのぞけば、人目を気にせずにボイトレができるのだ。

なぜ人目を気にするかといえば、ちょっとあやしいから。

ボイトレの先生自身、「(練習してて)変な日本人がいるっていわれてないですか?」と、冗談半分で聞いてくださるくらいだから、

知らない人からすれば、そーとー怪しいのは間違いなさそう。

ということで、1人でこっそりやっとるわけですが、

この日曜日。

ダーリンがゲームに夢中なのをいいことに、こっそりと練習してましたら。

これまたこっそり、のぞかれまして。

ほんとねー、やばいんですよ。変だから。


ということで、見られた瞬間はパニクっちゃって、もう練習する気なくなり。

ちょっとむかついたりして。


でもまあ、そのボイトレ自体を人に見せることはないにしても、

そこで練習していることをお見せするわけだし

かりにもエンターテイナーを目指す者として、そんなことでテンパっててどうする?と

思い直したわけでした。


これもインプロビゼーション(improvisation=アドリブ)と思えば・・・。

ミュージカルみたいに、急に歌いだすとかかな?やっぱり。


それもあやしい。。。
[PR]
by rinko_fascinate_u | 2006-11-27 17:51 | 修行

まだ考えてます

今月いっぱいは、先週ナマで見て衝撃を受けたCynthiaさんがオリエンタル・バンコクで歌うとのことなので、また行きたいなと思ってるとこです。

どうやったら彼女に近づけるか(物理的にではなく、歌が、ね)、つい考えちゃうんだけど、いみじくも彼氏が言ったことがやっぱりカギかなーと思いますねー。

余裕があるんです。とにかく。わたしはといえば・・・、かなりぎりぎりかも(汗)

余裕を生むには。さ、今日もがんばろ。
[PR]
by rinko_fascinate_u | 2006-11-10 20:00 | 修行

モチベーションって

こんにちは♪

この数日思ってることをつらつらと。

タイに来ることが決まってからというものは、当分ライブもできないし、引っ越しだの仕事だので1か月ほど、ボイストレーニングができなかったんですね。8月のことです。

やろうと思えばできたんだから、やらなかった、が正しいか。

先生には練習不足がバレバレで、それまで順調にきてたのが初めて少し注意されてしまいました。

そして9月初めにバンコクに住み着き、やっとボイトレを再開。

1か月後にはまたレッスンがあるので(一時帰国するため)、なんとか少なくとも元のレベルには戻さないと、と練習するのですが、思うように回復しない。

焦りました。

でも1週間くらいしたあたりから、「戻ってきた?」という感触が・・・。

これはほんとにうれしかったですね。

そして帰国してレッスン受けて、なんとか維持していることは確認して、またタイに戻ってきました。

戻ってすぐの10日間は、獣医の実習に参加していたためこれまた練習ができなかったのですが、それが終わってからなぜか急に「歌いたい!」熱が上がってきて。

正直、バンコクに来てからというものは歌に対してあまりモチベーションが上がってなかったのですが、これで一気にまたやる気に!

何だ、やる気になるのなんて簡単じゃん :P  と思ってしまいました。

やっぱり好きなことやるのが一番手っ取り早いね♪
[PR]
by rinko_fascinate_u | 2006-11-03 17:24 | 修行